銀行系カードローンの欠点?

最近は消費者金融だけでなく、銀行系のカードローンも人気を集めています。人気の理由は金利です。数十万円の限度額のカードローンを契約した場合、消費者金融の多くは18.0%の金利が適用されます。

 

その点、銀行系のカードローンの金利は低く、一部を除いて14.0%~15.0%程度の金利で契約ができます。金利が低い方が払う利息が少ないので、銀行のカードローンを選ぶ人が増えているのです。

 

 

しかし、それでも消費者金融を選ぶべきだという意見もあります。それは、銀行系のカードローンには、消費者金融と比べていくつかのデメリットがあるからなのです。

 

口座を持っていないと時間がかかる

銀行のカードローンにも即日融資対応の所が増えてきています。しかし、全ての銀行が即日融資なわけではありません。特に急ぎで借りたい時には、銀行のカードローンは内容を良く調べて契約する必要があります。

 

よくあるパターンとしては、即日審査対応、ただしカードの発行には日数がかかるというタイプです。即日というから早いと思いきや、融資されるかどうかわかるのは即日でも、実際の融資は後日なので、それ程メリットはありません。

 

また、銀行系のカードローンの場合、その銀行の口座開設が契約条件になっている場合があります。口座を持っていればいいのですが、口座開設も伴うと、結局日数がかかってしまう場合があります。銀行系のカードローンを申込む場合には、その銀行の口座が必要かどうかと、それにかかる日数や手続き方法も調べなくてはなりません。

 

そして、銀行系のカードローンの特徴として、営業時間が短いという点があります。銀行の窓口と一緒で、15時で大体の手続きは終わってしまいます。午後からお金の必要が出てきても、もう窓口には間に合わない可能性が高いです。土日や祝日となると、日中でも融資が難しくなります。

 

毎月の返済額の負担が大きい

銀行系のカードローンのメリットとして、金利が低い点が挙げられます。金利が低い程、かかる利息も少なくなるので、返済の負担が軽いと考える人は多いです。しかし、毎月の返済額は、申込む金融機関によって変わります。

 

例えばアコムの場合、5万円借入れした時の最低返済額は3,000円です。借入れが少なければ、毎月の返済額も少なく、無理なく返済計画が立てられます。消費者金融では、毎月の返済額は少なめに設定されており、追加で大目に返済するのも自由です。

 

銀行系のカードローンでも、毎月の返済額が少ないタイプも存在します。しかし、結構な確率で、最低返済額1万円からだったりします。借入後は返済の余裕もないケースも多いですが、銀国系のカードローンでは、毎月の返済額がいきなり高額になる場合もあるので注意が必要です。

 

ただし、毎月の返済額が高い方が、元金の減りが早いというメリットもあります。返済額が高いのが一概に悪いとは言えません。ただし、大目に返済するのも自由な消費者金融の方が、自分のペースで返済できるのは確かです。初めから返済額が高いのは、選択の幅を狭めてしまうのです。

 

金利だけを見れば消費者金融よりも負担が小さいおまとめにも向く三井住友銀行カードローンでも、毎月の返済額は大手消費者金融よりも大きくなっています。少しずつ返済をしたい方は、注意をして借りなければなりません。

 

審査に通りにくい

金利の低い銀行系のカードローンは、それだけ審査も厳しいと言われています。審査の基準は銀行でも消費者金融でも公開はされていません。そのため、審査に通るかどうかは受けてみるまで分からず、どちらの審査が厳しいと一概には言えません。

 

ただし、金利が低い程審査も厳しい傾向にあるのは間違いないでしょう。利息が少なければそれだけカードローン会社側の利益も少なくなります。その分回収率を上げる必要があるので、審査も慎重にせざるを得ません。金利が高いと言われている消費者金融は、その点審査も通りやすいと言われています。

 

また、銀行のカードローンの中には、年収いくら以上、勤続年数何年以上というように、初めから条件が設けられているものもあります。

 

特には厳しい条件が無く、一定の年齢と本人に安定した収入があれば申し込みができるオリックス銀行カードローンの審査であっても、実際にはアルバイトやパートの方では通過が難しいとされています。

 

やはり銀行は高いレベルでの収入が求められるので、好条件である代わりに審査に通りにくく借りにくいといったデメリットがあるのです。