こんな人は銀行を選ぶべき

消費者金融よりも金利の低い銀行系のカードローンは、たくさん借入れしたい人や、金利の低さを重視したい人、審査には自信があるという人に向いています。同じ金額を借りるのであれば、少しでも金利が低い方を選びたいのは当然といえます。

 

実際銀行系カードローンの金利は低めに設定されていて、初回借入時でも14%台で利用できる所が多いです。消費者金融は18.0%が相場なので、金利だけでも4%近く変わってきます。その分審査は厳しくなりますが、審査に自信があるならば銀行系のカードローンが適しているはずです。

 

勤続年数が長く、収入もある程度あり、かつ今までの支払いや返済関連で躓いた経験がないのであれば、銀行系のカードローンがお勧めです。

 

また、銀行系のカードローンは、高めの限度額を望んでいる人にも向いています。消費者金融でも最高限度額500万円などは普通ですが、50万円を超える借入れの場合には収入証明書類も必要になります。銀行の場合には、100万円を超える金額の借入れであっても、収入証明書不要で申込みできる所が多いです。

 

消費者金融には総量規制があり、年収の1/3を超える金額の借入れができません。銀行は総量規制の対象外なので、年収の1/3を超える金額での申込みも受け付けています。

 

複数の借り入れをまとめるおまとめローンとして銀行から借りるなら、人気が高いオリックス銀行からのおまとめカードローンが良いでしょう。